看護師パートのメリット

現在、日本の看護師は5万6千人も不足しているとのことです。
その主な原因は、長時間労働による看護師の疲弊にあるようです。
確かに、正規職員であれば、給料もボーナスも保障されますが、夜勤や残業が多く、辞める看護師が後をたちません。
また、女性が多く、どうしても出産後は長時間労働ができずに辞める方が多いのが現実です。

パートタイムの場合の最大のメリットは、長時間労働をしなくてよい、ということです。
その分、給料は社会保険の面では正規職員に比べて不利になってしまいますが、子育てしながら無理なく働けるという点で、現在の日本ではパートタイムを選ぶ方が多いのが事実です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ